月曜9時のparty people

ジャニーズWESTの藤井流星くんファンがジャニーズのあれこれについてたまに更新するブログ

流星くん25歳の誕生日に寄せて

f:id:jetstarmine:20180815223327j:image

藤井流星くん25歳の誕生日おめでとうございます!!

 

25歳ってもう男の子じゃなくて男の人!って感じがして、誰よりも流星くんがその自覚を持っていそうなところがたまらなく好きです。男の子から男の人になっていく中で、いい意味での余裕がここ1年ぐらいでさらに出てきていて、いい男になったな~♡と惚れ惚れしてしまいます。

 

ここからは私の話になるんですけど、私はハマった事にはつい熱を入れがちになってしまうというか、白黒はっきりつけたがりなところがあるんです。現場もですし、出演メディアのチェックとか、自分で出来る範囲の限界まで全部把握しておきたいみたいなところがあって。それをしなくなったらおたくとして死だ!ぐらいに思ってたんですね。


でも去年ぐらいからかなぁ。ありがたい事に流星くんやWESTのお仕事が広がってきて、その全部を漏らさずチェックしていく事に限界を感じつつあったんです。SNSでは自分以外のファンの人が盛り上がっていても、それについていけない時はサボってる自分がダメなんだと余計に落ち込んだりもしました。私はスパルタのくせに元は勤勉でないおたくなので、好きなものに対して義務的に何かをしようと思う事が本当に苦手なんです。そうなると好きな気持ち以上にめんどくさいな~という気持ちの方が勝ってしまって。


だから、今年に入ってから義務的におたくするのをやめようと思ってちょっとでも自分が負担に思う事はしないように決めたんです。そしてすぐWESTivalの初日が始まって。もう、このツアーが初日からめちゃくちゃ楽しかったんですね。ただひたすら楽しいに身を任せて、流星くんは最高にかっこよくて、WESTは天才で素晴らしくて。新鮮に楽しいだけでおたくできるってサイコーじゃん!とシンプルに思えたんです。

 

そこで私は流星くんの事をどんな風に好きでいたいんだろう?というのを考えて、「顔を見た時にお互い頑張ってるね、じゃあまた楽しもうね!」って笑顔でいられる関係でいたいなって思ったんです。もちろん流星くんと直接言葉を交わす事はないからあくまでも私が勝手にそうありたいと思っているだけなんですけど、WESTivalオーラスを終えて、烏滸がましいながらもその理想に近づいているんじゃないかなという手応えがあって。


オーラスのダブルアンコールでWESTがステージに出てきて、7人があのポーズを取って客席に向かって「せーの!」って投げかけたらものすごい声量で「ええじゃないか~!」って返ってきた時の流星くん、めちゃくちゃにイイ顔で笑ってたんです。その顔を見たらこっちもすごい嬉しくて嬉しすぎて涙が出てきて。24コンの時もこれさえあればこれからきっと大丈夫って思える宝物を貰えた気持ちになったんですけど、WESTivalオーラスで見せた流星くんの笑顔とWESTのみんなの嬉しそうな顔、これもまた、これからきっと大丈夫と思える宝物が新しく増えたみたいだなって思いました。

 

私の中のスパルタおたくは「そんな生ぬるい事を言ってないでもっと全力で取り組めや!」って定期的に怒ってくるんですけど、流星くん一生好きだ~~~♡って思うし、私にとって流星くんは唯一無二なので、自分のペースで流星くんを好きでいられる基盤が作れてきた今を大切にしながら25歳も楽しませてください!


だって超絶に飽きっぽい私がこんなにずっと流星くんを好きでい続けていられてるのがまず奇跡みたいだし、明日嫌いになるかもわからないのに日々「一生好き」って確信をくれる事がすごくないですか?そうなんです流星くんはすごい。

 

25歳、20代後半へのスタートダッシュが素晴らしいものになりますように。もっともっと素敵でいい男になってファンを驚かせてくださいね。初の恋愛ドラマを楽しみにしているファンより!わたしのずっとたいせつでだいすきなひと!!

 

みんな10月からフジテレビ系毎週木曜夜10時「黄昏流星群」を見てね!