月曜9時のparty people

ジャニーズWESTの藤井流星くんファンがジャニーズのあれこれについてたまに更新するブログ

夏生まれが5人もいるのに夏の現場の予定がないグループのおはなし

今まで当たり前にあると思っていたことが急になくなると、嫌だとか寂しいとかそんな感情より前に何だか調子が狂ってしまう。

夏といえばジャニヲタにとって繁忙期、今年もどこかしらでいたるところで夏の現場があるというのに2015年7月22日現在ジャニーズWESTに夏の現場はない。デビューするまでは関西ジュニアとして8月は松竹座で丸1ヶ月公演をしていたし、デビューした去年も重岡くんを除く6人で松竹座と日生劇場で8月9月と公演を行っていた。でも今年は何も予定がない。毎年の松竹座公演に変わって夏から始まるコンサートがあるわけでもない。現場続き振込地獄の時は「早くこのサイクルから抜け出したい!テレビで見られれば満足なんだ!!」と思っていたくせに、いざそんな状況になってみたら調子が狂ってしまう。うーんうまくいかない。
そんなおたくを見透かされてか、今日更新の「なにわぶ誌(ジャニウェブ連載)」では淳太くんが「何もやってくれなくて寂しいってのを言い訳に我慢できず違うグループのイベントに行って浮気してくるんでしょ」みたいな事を書いていたけれど、いくら違うグループのイベントに行ってみたって調子の狂う感じが治るわけじゃないと私の場合は思っている。
流星くんのファンになってから、初めての松竹座で流星くんを見ない夏。きっと何年かしたら調子が狂っていた事すら忘れてしまいそうだけど、この不思議な感覚は夏の間しばらく続くんだろうなと思ってます。ほぼ毎年誕生日当日は松竹座でお祝いしてもらってた流星くんが今年の誕生日はどんな風に過ごすのか、その話を後日ちょっとでもどこかで聞く事が出来たならそれはNEXT STAGEと呼ぼう。