月曜9時のparty people

ジャニーズWESTの藤井流星くんファンがジャニーズのあれこれについてたまに更新するブログ

君の為だけのサンタクロース

関ジュのROT最終回を見たらちゃんと書き残しておかねばと思いまして、ブログ更新に現れました。とても個人的な話なので完全に自分の気持ちに句点を打ちたいだけの文章になりますが最後まで読んでいただけたらうれしいです。もうひな祭りだって言うのにタイトルがクリスマスか!ってツッコむろ〜ドされそうだけど、恭平ちゃんも日刊なにわ男子の最新更新でサンタ帽を被りながら「もうすぐクリスマス〜かも」って言ってたし…。

 

 

マシュマロでもさんざん聞かれたりしたのでお察しの方もいらっしゃったと思うんですけど、担降りをしました。えぇ! ぐるーぷのまさかどくんです。こうやってひらがな表記にする辺りにまだ照れが見られますね…笑

きっかけは2017年末のクリパ次世代公演で、それからすぐこれは好きすぎてだめだ…と2018年のお正月に人生初のかけもちをする事にしました。好きすぎてだめで、当時の私には一人に選ぶ事ができなかったんです。

初めてだらけのかけもち生活は「自担と自担が同じ現場に出てくる(例:WESTival城ホ)と逆にどちらも十分に見られなくて損」など学びも非常に多く、貯金がほとんどできなかった以外は笑!楽しいしかなかったです。でもこの楽しさを永遠に続けられるわけがないと考えていたし、実質二人分のおたく活動を一人でしているわけですから楽しさだけで乗り越えられないしんどさも今後出てくるだろうし、おたくに精一杯で自分の事が何もできなくなる危惧もありました。

そんな事を考え始めていた2018年秋以降、関ジュを取り巻く環境が今まで以上に目まぐるしく変化していきます。動きがあるたびに一喜一憂する中で迎えたクリパ初日。ふと「あっ、降りてるのかも」と自分の中で思いました。答えらしきものはあまりに自然に浮かんできたので、すぐには信じられず気持ちを確かめながら何度か公演に入り、ついにクリスマス。公演終了直後に読んだかんじゅ日誌で、あーもうこれは好きすぎてだめだ…とかけもちを決めた日のように頭を抱えて、担当が一人になっていたのを自覚したんです。

あまりに自然な流れで担降りしていたので、まさかどくんを選んだという実感が湧いてきたのはつい最近な気がします。選んだ事で逆に私の中で選択肢が広がったというか、自分の意思で好きな事を楽しくやっていこう!と再確認できたというか。

 

そして降りてからもWEST現場には変わらず通っていて、先日ブログにも書いた通り今回のツアーが最高で最高で、流星くんは天才だと思ったしWESTは日々の活力だし、月並みな綺麗事かもしれないけど降りてもこの人が一生好きだ!って気持ちに変化はなかったんです。

担当という枠組みを取っ払っても流星くんは流星くんでしかなくて、私の中でずーっと特別で、大切にしたい宝物。「いや降りてるでしょ」って言われたらそれまでですけど、これからも私が感じた流星くんとWESTとの思い出を大事に、新たな楽しい事を一緒に体験していきたいなと思っています。

かけもちとはいえ流星担10周年を迎えたかった気持ちはめちゃくちゃにあるんですけど、そんな肩書きより私が流星くんをちゃんとずっと好きでいられるかの方が重要だから、今の状態は自分にとっての最適だと思っています。城ホWESTVの初回でいきなり金髪になって現れるの悪質すぎませんか??そりゃ腰から崩れ落ちてその後の記憶なくなるわ!そういうところ大好き!!

 

いやー、人生二度目の関ジュ担になるとはまさかのまさかどすぎるでしょ…って1年ぐらいずっと思っているけど、人生何が起こるかわからなくて、だからこそ未来は楽しいって気持ちを改めてまさかどくんには教えてもらいました。

自分なりのけじめとしてツイッターは引っ越して、このブログも書きたい事があれば出てくるスタンスにしようと思っていましたが、やはり中途半端になるのは嫌だなと思い退路を断つためにもこの更新を最後に休止する事にしました。また書きたい事が出てきたらその時は新しい場所を作るつもりです。

今まで、隠してるわけじゃないのに自分以外の人になかなか言葉で説明ができなかったからここに書けなかったんですけど、やっと言葉にできたぞ!わーい!という肩の荷が降りた気分です。ほんとあくまで自分の気持ちの整理のためでしかないんですが。

 

今まで拙ブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。楽しいとか面白いとか言っていただけるのが何よりの励みでしたので、所属は変わりますがこれからも楽しくおたくしていきます。

ほな、まったなー!