月曜9時のparty people

ジャニーズWESTの藤井流星くんファンがジャニーズのあれこれについてたまに更新するブログ

今年5周年を迎えるジャニーズWESTのライブってとんでもないぞ

お久しぶりです!Twitterを引っ越してから水面下でひっそりおたくする事に慣れすぎてインターネット上のよきさんは消えたも同然だと思ってるんですけど、ブログ上は適切な名前が見つからないのでこのままでいきたいと思います。引っ越し先を知りたい方は直接聞いてください。笑。

 

どうしても書きたい衝動がやってきた時に不定期で更新するブログとしてここは残すつもりなんですが、2019年さっそくその波が来たんです。

 

今年のジャニーズWESTのツアー、「WESTV」が最高で最高なんですよ!!!!!!


流星くんディレクションと知って始まる前からとても楽しみにしていて、贔屓目も相当あると思うけどそれを上回る良さ。なるべくネタバレを入れずに今回のツアーの良さについて少し語っていきたいのでよろしければお付き合いくださいませ。

 

バランス感覚が絶妙!
最新アルバム「WESTV」についても流星くんはバランスが良いアルバムだと語っていましたが、ツアーもその通り。今までデビューしてからWESTがライブでやってきた事のいいとこ取りというか、そのバランスが絶妙なんです!

個人的に淳太くん構成は前菜からデザートまで出てくる順番も緻密に計算されたフルコースで、小瀧くんの構成は美味しいもん作ったから!食べて食べて!って目の前に出来立ての料理をどんどん出されるぐらい違いがあると思っているんですけど、流星くんがパンフでも語っていた通り、淳太くんと小瀧くんのしっかりとした案を上手い具合にまとめた結果、デビュー5周年を目前としたジャニーズWESTの現時点でのライブ完成版のようなものが出来上がった気がします。
何かを作る時にゼロから作り出せる人もすごいけれど、そのアイデアを調整してさらに良いものへとまとめられる才能もすごいと思うんですよ。その才能を持った人たちがグループに揃っているのはジャニーズWESTにとって、ものすごい強みになると思ってるんですよね。流星くんは以前から俯瞰で物事を見ることが出来るとメンバーからも評されていましたが、ディレクションという立場でこんなにも生きるんだ!という感動もすごくて。ファンとしても嬉しかったです。しかも流星くん、めちゃくちゃわかってるんですよ…!ああまた贔屓目が出てしまった。

 

ヤバイセンター屋さんことライブの重岡くんがヤバイ
ふざけた見出しにしてしまいましたが本当にこの人はヤバイ。語彙力を失わせるヤバさ。重岡くんといえばライブでのアツい挨拶といいWESTイチの熱い男であり、ライブでお客さんが盛り上がるとそれに呼応するように「熱には熱を、愛には愛を」をぶつけてくれる人でもあります。
大雪の中で盛り上がりを見せた2016年ラキセツアーでの福岡だったり、偶発的な条件が重なってライブでしか生まれないその日その回だけのでのミラクルを大事にする人だと思っていたのですが、去年のツアー途中ぐらいからそれを意識して目指し始めたんじゃないかなと思っているんですね。それを裏付けるかのような10000字インタビュー。

 

なんて言うか、やっぱ”刺したい”んですよね、ファンや見てくれる人のハートを。グッと熱いものを届けたいみたいな。キャーって歓声の先というか。もっと大事なもんというか。とにかく記憶に刻む何かを探してるというか

(MYOJO 2018年9月号より)

 

登場から重岡くんはいつも振り切っていて熱量がすごいんだけど、決してひとりよがりじゃなくお客さんと一緒にその瞬間にしか生まれないミラクルを楽しもうという覚悟が見えると思います。

センターらしくないと言われがちな重岡くんですが、この人は今までにないアイドルのセンター像がもう自分の中で見えてるし、それを実践してるのが今なんじゃないかなぁ。後は時代がついてくるのみだ。

 


しげりゅせがメインの話になっちゃったけど勿論メンバー7人全員最高で、先日の名古屋公演は濵田くんがインフルで急遽出られなくなってしまったけど濵田くんの分まで最後の力を振り絞ってボロッボロになりながら全力を尽くす弟組と、同じく力を尽くしながらも理性でしっかりフォローするBADって構図にぐっときたし、グループになって良かったなぁと改めて実感したんですよね。


今回のツアーはデビュー5周年の年だから、って意気込みを感じる前に今まで5年間ジャニーズWESTがやってきた事をこのタイミングで自然とまとめてきたように感じます。ジャニーズにはいろんなグループがいるけど、魅せるパフォーマンスと何が起こるかわからないライブ感を両立させて自分たち独自のライブにしようとしてるのはジャニーズWESTの唯一無二さじゃないかと思えるところまで来ました。


応援する側からしたら好きなグループに売れて欲しいって気持ちはずっとあるんですけど、正直売れる事が全ての正解とは言えない時代になってると1~2年前から思うようになりました。勿論ジャニーズWESTにはめちゃくちゃに売れて欲しい。でも放し飼いの猫みたいなグループが誰かの心に刺さって抜けないものを放ち続けた結果がそうなったら素敵だと思うし、間違っちゃいないと信じたいんです。

 

最後にツアー内容に触れるネタバレ!

 1曲目が「スタートダッシュ」でアンコール最後の曲が「ラッキィスペシャル」の「お~しまい!」でカチンコ持って終わるの、流れとして天才すぎませんか??誰の案か早く教えてください!流星くんだったら死ぬまで褒めたたえます。